基礎的な資格

ホームヘルパー2級

ホームヘルパー(訪問介護員)2級とは、介護保険法で定められたケアマネジャーが作成する「ケアプラン」に沿って、要介護認定を受けた在宅の高齢者や障害者を訪問して、調理などの家事や身体の介護など生活全般のサービスを提供するホームヘルパーの基礎的資格です。
daddy.gif
【資格の名称】
  『ホームヘルパー2級』

【就業先】
福祉施設(老人保健施設や養護老人ホーム等の介護スタッフ)、病院・医院:医療機関の院内ヘルパーとして、在宅介護事業所、登録ヘルパー 、ボランティア団体など。

【主な仕事内容】
・身体介護
 清拭(体を拭く)・洗髪、入浴介助、排泄の介助、
  食事の介助、衣類の着脱、車椅子介助・通院介助
・生活支援
 食事の支度・介助、衣類の洗濯・補修、掃除・整理整頓、
  生活必需品の買い物   など


【資格の特徴】
国が定めたホームヘルパー養成研修132時間(講義60時間、実技42時間、実習30時間)を修了すれば取得可能な資格で、試験はありません。
資格を取得するまでの受講期間は1ヶ月〜3ヶ月程度。

また、ホームヘルパーの実務を3年経験すると介護福祉士の受験資格が得られ、国家試験に合格すると「介護福祉士」になれます。

介護職員のレベルアップや地位向上のために、将来的に介護職員は介護福祉士資格を取得することが基本要件になると言われています。

移行期間中は「介護職員基礎研修」という500時間におよぶ研修を受ける必要がありそうですが、ホームヘルパー2級資格をもっていると、この研修のうち150時間が免除されると言われています。

さらにホームヘルパー2級資格を取得して1年以上就労した場合、210時間免除されると言われています。早い機会にホームヘルパー2級資格を取っておくと、有利になりそうです。
(詳細については現在厚生労働省で検討中ですので、上記内容に変更がある可能性があります。)

【資格に対するニーズ】
社会が高齢化を迎え、ホームヘルパーに対するニーズはきわめて高いものがあります。
常勤、パート、アルバイトと雇用形態は様々ですが、ニーズの高い仕事です。

【おすすめの講座】
講座の内容は、上記のとおり時間数等の決まりがあります。

「シカトル」は、ホームヘルパー2級の講座を開講している学校の資料を無料で送ってくれます。


ホームヘルパーの資格をとるなら【シカトル】

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。