上級資格

ホームヘルパー1級

ホームヘルパー(訪問介護員)1級とは、2級の上級資格で、事務所の主任ヘルパーなど、中心的なヘルパーなどが取る資格です。
2級ホームヘルパーよりさらに実践的な内容の学習となります。

受験資格は基本的に現役の2級ヘルパーとして実務経験一年以上かつ業務従事日数が180日を越える方が対象になります。講習時間は230時間です。

看護婦や准看護婦、介護福祉士などの資格保持者がヘルパーとして勤務するときはホームヘルパー1級の資格に準ずるものとされます。
daddy.gif
【主な就職先】
訪問介護事業所、特別養護老人ホーム、老人保健施設、民間の有料老人ホーム、認知症(痴呆)グループホーム、デイサービスセンター(通所介護)、療養型などの病院、身体障害者更生施設等の障害者施設など。

【主な仕事内容】
仕事内容はホームヘルパー2級修了者と変わりません。
しかし1級修了者は、2級よりは常勤や正社員で雇用してもらいやすく、また、ホームヘルパー2級修了者であれば3年の実務経験がないとなれないサービス提供責任者(利用者宅を訪問するホームヘルパーを指導・統括する仕事)に、実務経験がなくてもなることができます。

【資格の特徴】
ホームヘルパーの上位資格として「介護福祉士」の資格があります。
ホームヘルパー1級は、短い期間で試験も無く、介護福祉士に比べ、手軽に取得できるので、できるだけ短い期間でサービス提供責任者から実務経験を積んでケアマネジャーへ、といったキャリアアップを考えているなら、ホームヘルパー1級取得で充分かもしれません。

【おすすめの講座】
「シカトル」は、ホームヘルパー1級の講座を開講している学校の資料を無料で送ってくれます。


ホームヘルパーの資格をとるなら【シカトル】

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。