上級資格

介護福祉士

介護福祉士とは、「国家資格」であり、介護福祉に関する専門的な知識と技術を持ち、身体上、精神上の障害があるために日常生活が困難な人に対して、入浴や食事などの介護を行い、本人やその介護者に対し、介護に関する指導等を行なう専門職です。
daddy.gif
【就業先】
特別養護老人ホームや身体障害者施設などの社会福祉施設、
病院の病棟又は診療所、介護などの便宜を供与する事業所など

介護の仕事自体は、介護福祉士の資格を持っていなくても就くことが可能ですが、最近では求人の際に、「介護福祉士資格取得者」が募集条件としてあげられるケースも増えてきています。
介護関係の仕事に長く就きたい場合は、やはり資格取得を目指したほうが良いでしょう。
経験を積みながら資格取得の準備を行う方法もあります。

【介護福祉士資格取得方法】
筆記試験及び実技試験(もしくは実技講習)を受ける方法と、専門の養成施設で学ぶ方法とがあります。

◎試験を受ける方法

試験を受けるには受験資格が必要です。
学校法人NHK学園の通信講座(2年間)で、所定の科目を履修すると受験資格を取得できます。

◎養成施設を卒業して資格を取得する方法
(1)2年以上の養成施設(専門学校、短期大学、大学)を卒業する。
(2)福祉系の大学で指定科目を履修した後、1年間の養成施設を卒業する。
(3)社会福祉士養成施設等を卒業(修了)した後、1年間の養成施設を卒業する。
(4)保育士(保母)養成施設卒業者が1年間の養成施設を卒業する。

(1)〜(4)の過程のいずれかを経て、2年以上の養成施設を卒業する

・高校卒業者等は
(1)福祉系大学等で指定科目を履修
(2)社会福祉士養成施設等を卒業する
(3)保育士養成施設等を卒業する
  
(1)〜(3)の過程のいずれかを経て、1年の養成施設を卒業する

※受験資格や資格講座等は従事経験等の詳細な規定があります。

【おすすめの講座】
「シカトル」は、介護福祉士の受験対策講座を開講している学校の資料を無料で送ってくれます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。