上級資格

福祉用具専門相談員

福祉用具専門相談員とは、介護福祉や医療に関する幅広い専門知識を身に付けた、福祉用具のプロフェッショナルアドバイザーです。

要介護者や障害者に福祉用具を貸し出したり販売をするときに、お客様との密なコミュニケーションを基に、ニーズに合った福祉用具の選び方や、使い方を適切にアドバイスをします。
daddy.gif
【就職先】
介護保険制度においては、福祉用具貸与が保険給付の対象となっており、指定居宅サービスとしての福祉用具の貸与事業を行う際に、各事業所に必ず2名以上配置させなければならないとされています。

【資格の特徴】
福祉用具専門相談員になるには、試験といったものは無く、厚生労働大臣が指定した「福祉用具専門相談指定講習会」において講義と実習を全40時間受講すればよいとされています。

【おすすめの講座】
「シカトル」は、福祉用具専門相談員の講座を開講している学校の資料を無料で送ってくれます。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。