上級資格

介護予防運動指導員

介護予防とは、高齢者が要介護状態にならないようにすること、また、要介護状態になったとしても、それ以上悪化しないように改善していく事を目的としています。

積極的に体を動かしたり外出を促して、運動器の機能向上だけでなく、栄養改善や口腔ケアなども介護予防の大きな柱となっています。

そして、その専門的な知識と技能をもった指導者を「介護予防運動指導員」などと呼んでいます。
daddy.gif
【主な仕事】
・介護予防プログラムを実施・トレーニングの指導。
・介護予防診断「おたっしゃ21健診」の実施。
・介護予防プログラムの効果測定。
・介護予防プログラムの実施にあたり、他の専門職との連携を図る。

「おたっしゃ21」とは、東京都老人総合研究所が開発した老化の危険性を判定できる健診で、これにより身体虚弱、転倒、尿失禁、低栄養、軽度の認知症の危険性を発見します。

【資格の特徴】
一定の資格講習受講により、認定されます。

受講資格は、看護師(准看護師も含む)、理学療法士、作業療法士、ケアマネジャー、介護福祉士、ホームヘルパー資格保持者で実務経験2年以上の者、健康運動指導士、柔道整復師

【介護予防の必要性】
高齢化社会を迎え、増加する要介護認定者と介護保険給付金。
過剰な介護機器やサービスの利用などによる介護保険制度の財政危機をいかに回避するかが課題として挙げられます。
サービスの低下を避け、さらに被保険者の費用負担を抑えるためには、介護保険の認定対象者を一人でも少なくすることが重要となります。
つまり、高齢者のみではなく、被保険者にとっても介護予防はこれからの重要なキーワードと言えます。

【おすすめの講座】
「シカトル」は、介護予防の講座を開講している学校の資料を無料で送付してくれます。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。