上級資格

ガイドヘルパー

ガイドヘルパーとは移動介護従事者のことで、障害者を対象とした支援費におけるホームヘルプサービスのうち、外出時の移動介護サービスを提供します。

平成15年3月24日付厚生労働省告示第111号では、視覚障害や全身障害に対する移動介護には、ホームヘルパーや介護福祉士の資格だけでは従事できないことになっていて、ガイドヘルパーの資格が必要です。

外出時の移動介護は、視覚障害者及び、全身性障害者と知的障害者を対象としたサービスです。
障害のある人々が外出される際には必要不可欠であり、積極的に社会活動に参加していくうえで大切なサービスです。

単に「外出の付き添い」と言う仕事にとどまらず、障害をお持ちの方の「色々なことがしたい」という思いを支えながらヘルプしていきます。
大きく分けて3種類あります。
daddy.gif
* 視覚障害者ガイドヘルパー
* 全身性障害者ガイドヘルパー
* 知的障害者ガイドヘルパー

【主な業務内容】
社会生活上不可欠な外出及び余暇活動等の社会参加のための外出時の移動介護が中心です。
(原則として1日の範囲内で用務を終えるものに限ります。通勤、営業活動等の経済活動に係る外出、通年かつ長期にわたる外出及び社会通念上適当でない外出は含みません)

【資格の特徴】
講習期間はそれぞれ2日〜3日間で、無試験で取得できる資格です。

【受講対象者】
主にホームヘルパー2級以上の資格を持っている方を対象に開講されています。
ホームヘルパーや介護福祉士としての質を高めたい方などに最適な資格と言えるでしょう。

【おすすめの講座】
「シカトル」は、ガイドヘルパーの講座を開講している学校の資料を無料で送付してくれます。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。