事務系の資格

医療事務

医療事務とは病院や診療所など医療の現場で、受付窓口や患者のカルテ管理、健康保険点数の算出、医療保険の支払い機関に提出する診療報酬明細書(レセプト)の作成技術、計算能力などを有していることを認定する資格です。

【資格の種類】
厚生労働省が認可しているものとしては、『診療報酬認定事務能力認定試験』や『メディカルクラーク』があります。
そのほかに、各民間団体が独自で認定している資格がたくさんあります。

【就職先】
活躍の場として病院、診療所などがあげられます。
jimu2.gif
【主な業務内容】
・レセプト(請求業務)
・受付業務
・診療情報管理(カルテの集計、パソコンによるデータ管理・分析など)

【資格の特徴】
医療全般のベースとなる大切な業務です。
医師や看護師と綿密にコミュニケーションを図って、医療の現場をよく知ることも大切です。

資格は厚生労働省が認可しているものや各民間団体が独自に認定しているものなどさまざまです。

講座の内容も、医療保険請求業務やレセプト作成業務の基礎、会計業務、医療OA事務など各講座によってさまざまありますが、受講(受験)資格などは一般的に特にありません。

医療事務の仕事は、技能を生かして働く専門職なので、フルタイムやパートなど、ライフスタイルにあわせて働くことができ、結婚後や、出産後も続けられる仕事として、女性に人気があります。

【資格に対するニーズ】
社会が高齢化を迎え、病院での業務も増加している今、医療現場を事務面からサポートする事務職の専門家として担う役割はますます大きくなっています。
常勤、パート、アルバイトと雇用形態は様々ですが、ニーズの高い仕事です。

【おすすめの講座】
「シカトル」は、医療事務の講座を開講している学校の資料を無料で送付してくれます。


医療事務の資格を取るなら【シカトル】

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。