事務系の資格

介護事務

介護事務は「介護報酬請求事務」といった意味で、別名「ケアクラーク」とも呼ばれます。

「医療事務」が「診療報酬請求事務」というのに対応しています。

2000年4月に導入された「介護保険」に則り、介護が必要な高齢者に対する費用の9割が保険者(国や自治体)が負担してくれて、1割が本人負担です。(他に公費により、減額されます)。

介護事業所がその9割分を保険者に請求する仕事のことを「介護報酬請求業務」といいます。
jimu.gif
【就職先】
介護保険が適用される在宅介護サービス事業者や介護保険委託事業者、老人保険施設、各種病院などが主な活躍の場です。

介護保険処理のコンピューターシステムを作成するソフト会社などで働くこともあります。

【主な仕事内容】
「介護報酬請求業務」を行います。

他にも介護サービスの売上の集計・管理や、介護報酬の請求書作成の他、ヘルパーさんの勤怠管理等を行う場合もあります。

【資格の特徴】
ホームヘルパーなどと違い事務所の中で働くため、確かな知識を身につければ誰にでも手軽に始められることも魅力です。

現在、介護事務には民間の団体が認定する資格が多くありますが、資格の名称が変わっても基本スキルに大きな違いはありません。
合格率は6〜7割と高めです。

【資格に対するニーズ】
介護に関する主な担当であるケアマネジャーが多忙のため、介護保険事務業務まで手が回らず、正確な処理ができていないというのが現状です。
そのため、介護保険請求を専門に行なう人材が必要とされています。

【おすすめの講座】
「シカトル」は、介護事務の講座を開講している学校の資料を無料で送付してくれます。



医療事務の資格を取るなら【シカトル】

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。