事務系の資格

調剤報酬請求事務

調剤報酬請求事務とは、調剤薬局で医師の発行した処方箋に基づき、薬を調剤する際の、受付、薬剤料・調剤料の算定、調剤録と調剤報酬明細書(レセプト)の作成などが主な仕事で、患者の保険を確認し保険負担分の薬代を請求する手続きをします。

医薬分業政策により院外処方が増加したために誕生した新資格です。
jimu2.gif
【主な職場】
主に調剤薬局やドラッグストアなど。

【主な仕事内容】
処方箋に基づき、薬を調剤する際の、受付、薬剤料・調剤料の算定、調剤録と調剤報酬明細書(レセプト)の作成などが主な仕事です。

調剤や薬剤の説明は薬剤師の仕事なので行いません。

【資格の特徴】
現在、調剤報酬請求事務には民間の団体が認定する資格が多くあるが、一般的に資格の名称が変わっても基本スキルに大きな違いはありません。

調剤報酬請求事務試験は実施している団体にもよりますが、内容は主にマークシート方式の学科試験と処方箋作成の実技試験があります。

【おすすめの講座】
「シカトル」は、調剤報酬請求事務の講座を開講している学校の資料を無料で送付してくれます。



医療事務の資格を取るなら【シカトル】

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。