事務系の資格

レセプトチェック

レセプト(診療報酬明細書)というのは、病院や診療所など医療の現場において、医療機関が患者の加入している健康保険の種類に従って、保険者である市区町村や各健康保険組合などに医療費の請求をする際に用いられる明細書のことです。

保険者側は後日、支払超過がないかどうか点検をします。この作業をレセプトチェックと言います。
jimu2.gif
【就職先】
病院や診療所など医療機関

【主な業務】
保険者に提出するレセプトのチェック

レセプトチェックとは、医療事務の総仕上げにあたるもので、専門的な書類の作成技術や計算能力、医学や薬学の知識を駆使し、記載に間違いや漏れがないかを確認する業務です。

【資格に対するニーズ】
社会が高齢化を迎え、病院での業務も増加している今、医療現場を事務面からサポートする事務職の専門家として担う役割はますます大きくなっています。 雇用形態は様々ですが、ニーズの高い仕事です。

【おすすめの講座】
「シカトル」は、レセプトチェックの講座を開講している学校の資料を無料で送付してくれます。



医療事務の資格を取るなら【シカトル】

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。