その他の資格

メディカル介護トレーナー

メディカル介護トレーナーは主に体育系のトレーニングを行うメディカルトレーナーの技能に加え、高齢者の特性、介護予防運動、動作介助、パワーリハビリテーション、パワーレクリエーションなど、介護トレーナーに必要な知識と技術、指導法を習得した専門職です。



【資格に対するニーズ】
高齢社会に入り、誰もが老後を元気で過ごしたいと考える今、介護や福祉の現場では、介護技術だけにとどまらず、要介護状態の予防・改善をするために、日常生活動作の回復や自立支援のサポート、介護予防運動などの知識と技術を身につけた介護トレーナーが必要とされています。

メディカル介護トレーナーは、メディカルトレーナーが学習する体育リハビリトレーニングなどの知識や技術のほかに、介護予防運動、自立支援にもとづく動作介助、パワーリハビリテーション、ケアトレーニングや考察法など、老人介護の分野に必要な知識・技術を習得しなければなりません。

【おすすめの講座】
「メディカル介護トレーナー」は、関西メディカルスポーツ学院の摩季れい子学長が創始者として、育成と普及に努めている資格で、関西地区にある学校への通学で技術を学びます。
昼間部と夜間部があります。

「シカトル」のサイトから無料の資料請求ができます。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。